ヨガ登山サークル 神戸京都大阪滋賀 | ヨガヤマ

ヨガヤマで人生をもっと楽しく、もっと豊かに

【大普賢岳】世界遺産 大峰山系随一の鋭鋒群を巡る超スリリング登山⛰😀 2018年4月30日(月)

【大普賢岳】世界遺産 大峰山系随一の鋭鋒群を巡る超スリリング登山⛰😀 2018年4月30日(月)

クサリを離せば完全にアウト💦助かる見込みはない崖っぷちです!

2018年4月30日、本日はT君とタフネスルートで知られる大普賢岳へ。

元々はどこにも登りに行く予定がなかったGWですが、昨日急遽T君と明日登山に行こう!ということで、近畿圏では最も豊かな山脈を抱く大峰山系で、その中でも最もタフなチャレンジルートとして知られてる大普賢岳に決まったのです。

グレゴリーZULU40レビュー ドイターFUTURA22レビュー

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

ルートは一番有名な反時計回り周回ルート。
登り始めはブナ林の間を登っていく心地よい道が続きます。

シダンの窟

[シダンのいわや:とてつもなく高い〜!]

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

歩を進めると、いよいよクサリ場が徐々に出てきました!これはスリルありますねえ〜標高1500m付近ですから〜また高い集中力を要する場所でもあります。落ちたら助かる見込みはなさそうですから誰しも真剣になれますね。大普賢岳登山の醍醐味を感じ始めました!

山道には、古来、修験道の山伏の修行場であった行場跡、指弾ノ窟(シダンのいわや)、朝日窟(あさひのいわや)、笙ノ窟(しょうのいわや)、水太覗(みずふとのぞき)といった場が続いて出てきます。ここで修行は確かに楽しそうですね〜

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

小普賢岳(1640m)付近での眺望は、ただ、素晴らしい〜、すごいね〜、言葉ではなく身体の奥から喜びが溢れてる〜!!という感じです。

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 山頂 反時計回り 周回ルート

[大普賢岳 山頂 標高1780m]

大普賢岳山頂へ辿り着いたところで、お父さんと若い娘さんの二人組が休憩中でした。このお二人大変な健脚で僕たち二人をぶっち切りのスピードで追い抜いていかれた方達です。聞くと、すでに10年以上のキャリアをお持ちだそうで、お二人とも大自然の中で鍛えてきた方ならではのイイお顔されてます。

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

僕たちは休憩すると歩きたくなくなるかも〜ということで、お二人にとりあえずのお別れを告げて次なる国見岳へと。しばらく穏やかな稜線歩きが続きます。心地いい〜

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

心地いい〜と言ってたのもつかの間、またまたクサリ場がゾロゾロと💦これはヤバイね〜といった感じの連続です。タフなルートと知ってはいましたがまさかここまでとは!

メスティンで炊飯 固形燃料25g 一合半

メスティンで作った山ごはん ウィンナーカレー

七曜岳を越えてしばらく行ったところでランチ休憩。山ごはんは初のメスティンを使って白米を炊いて、それでウィンナーカレーを作りました。

固形燃料25g、白米一合半でメスティンを利用しましたが、このごはんの美味しいこと!ツヤツヤピッカピカで焦げもつかず見事に炊き上がりました。このランチには大満足でした〜😆

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

さあ〜お腹も満たしたし下山だ〜と勢いづいていよいよ下降開始。もう楽になっていくなあと思ってましたが、それは見事に裏切られました💦

歩き始めて約7時間、相当体力を使い果たし、脚力もボロボロになりかけた頃、あと1時間くらいでゴールだという時に、とんでもない高い岩場が眼前に現れました〜これはヤバイっす〜😰

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

もうこんな怖いところ無理かも〜というくらい、疲れ切ってた二人には、本日の道のりで一番厳しい修行となりました。クサリとロープを使って三点支持を守りながら登る登る・・・というよりも怖くて岩にしがみついてました。登り切った時には二人ともしばし呆然〜!

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

ガレガレの激降りや登り返しに 次々出てくるクサリ場と階段、聞きしに勝る凄い登山となり、二人とも素晴らしい経験を積むことができました。

前回、武奈ヶ岳で痛い目にあった二人ですが、本日も同じくでした😂
けど飽きたり気を抜くことは許されないですから、楽しいといえば確かに楽しいですね!登山はこうでなくっちゃ!

本日はメスティンだけでなくZULU40もデビューさせました。背負い心地、腰での的確なサポート、使い勝手の良さなど、最後まで疲れ知らずで、山専用道具の素晴らしさをしみじみ実感しました。

和佐又山ヒュッテ 大普賢岳 登山 反時計回り 周回ルート

下山後、宿泊は和佐又山ヒュッテのロッジ。受付の可愛らしい女の子と味のあるお母さんのおかげで気持ちよく滞在できます。ロッジ内も暖房お風呂など設備は充実で、本日、とても充実した1日となりました〜

明日はどこに登ろうかなあ😄


大普賢岳情報(出典:Wikipedia)
大普賢岳:標高1780m。
大普賢岳(だいふげんだけ)は、奈良県の大峰山脈を形成する山の一つで、大峰縦走線歩道(大峯奥駈道)上にある。大天井ヶ岳から八経ヶ岳へ至る山脈の中間あたりに位置し、南に国見岳、七曜岳、行者還岳と続く。
古来、修験道の山として山伏の修行の場であったため、指弾ノ窟、朝日窟、笙ノ窟、水太覗といった修験道の行場跡があり、山頂付近には梯子や鎖場が連続する。石の鼻からは広大な展望が開け、南から北東方面が一望でき、晴れた日には大台ケ原、弥山 – 釈迦ヶ岳が見渡せる。山頂は狭く、10人ほどしか立てないほどである。
植生はブナ、ナラなどが主体の原生林を形成し、シャクナゲ、サラサドウダン、ヒメシャラも多く見られる。このため秋の紅葉は非常に美しい。

【登山経路】
和佐又ヒュッテから登るのが一般的であり、左回りに朝日窟→小普賢岳→国見岳→七曜岳→無双洞へと下り、和佐又へ戻るルートが知られている。
山上ヶ岳から大峰山脈縦走路に入り、大普賢岳、行者還岳、弥山を経て八経ヶ岳までを縦走するコースがある。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly



CLICK TO VERIFY: This site uses a GlobalSign SSL Certificate to secure your personal information.


【SSL暗号化通信利用サイト】
当サイトはすべてに信頼の証としてSSL暗号化通信を導入し、お客様の個人情報を最高度セキュリティで守ることに努めています。

YOGAYAMA Group


本質的なヨガだけを皆様へ

40代、50代のためのヨガクラス

N.Y.エアリアルヨガ情報♪

ヨガインストラクター養成