ヨガ登山サークル 神戸京都大阪滋賀 | ヨガヤマ

ヨガヤマで人生をもっと楽しく、もっと豊かに

【登山専用品を知る】登山用ザック・リュックサック

【登山専用ザック利用のオススメ】
登山に多くの荷物を入れて背負うバッグは、ザック、リュックサック、バックパックなどと呼ばれています。

登山をする人は通常これら登山専用のザックをかついでいることが多いです。普段使いのザックでも短時間・短距離であれば問題はありません。しかしそうしたザックで登山をすると肩が痛くなったり、腰を痛めたり、他の登山用のザックを背負っている人よりも格段に疲れやすくなります。街ナカでは問題無いかもしれませんが、山ではそう言った疲労やストレスが事故に繋がってしまうのです。

登山用ザックは専用品だけあって機能的で頑丈です。用途に適したザックを使えるようになれば、より安全で快適な登山を楽しむ事ができます。荷物が少ない数時間のハイキング程度なら、普段使いのリュックサックでも問題ありません。しかし、より快適な登山を楽しむならば、登山専用ザックを利用することが一番オススメです。

登山では食料品やレインウェア、ドリンク類など重い荷物を背負って長時間歩くことが多々出てきます。そのため登山用ザックは長時間背負って歩いても疲れにくく、背負いやすいよう設計されています。

たとえばショルダーハーネスは柔らかいタッチの素材で背負いやすい形状をしています。太いウエストベルトはザックのブレを軽減し、肩にかかる荷重を腰や身体全体にも分散させることができます。またザックの背面は背中全体で荷物を支えることができまるよう設計されていたり、背面がメッシュになってて通気性に優れ背中の蒸れを軽減することができたり、木の枝や岩などに擦れても簡単には破れない耐久性を持たせ、かつ軽い素材を利用するなど、多様な高機能が色々と盛り込まれています。

中型以上のザックになると、ザックの一番奥の取り出しにくい荷物を簡単に取れる機能が付加されていたり、雨蓋(アマブタ)には使用頻度の高い道具を入れたり、多くついてるポケットには小物や地図などを入れておくなど、必要な時に必要なものをサッと取り出せる機能が登山用のザックにはあります。

登山ではたくさんの道具を持って歩かなければなりませんので、登山用のザックは重い荷物を入れても壊れない様耐久性に優れた素材が使用されています。また木の枝や岩などに擦れても簡単には破れない頑丈さがあり、そしてなおかつ軽い素材が使われています。
便利な機能がたくさん

登山用のザックには普段使いのリュックとは違い便利な機能が用意されています。たとえば中型以上のザックになると、ザックの一番奥の取り出しにくい荷物を簡単に取れるものもあります。アマブタには使用頻度の高い道具を入れたり、たくさんあるポケットは小物や地図などを入れておくのに便利。まだまだたくさんありますが、必要な時に必要なものをサッと取り出せる機能が登山用のザックにはあります。

【ザックの目安のサイズ】
ザックの大きさは「リットル」で表され、10リットル前後の小型のものから90リットル以上の巨大なものまで様々あります。このサイズは持っていく荷物の量によって決まります。その荷物の量は、登山をする季節、日程、山行形態、どこの山に行くか?などによって変わります。

ここをタップして表示Close
目安容量
日帰り ~30L
週末(1~2泊) 35~45L
数日(3~5泊) 50~80L
長旅(5泊以上) 70L以上

初心者の方や体力に自信のない方は、まずは30リットル前後のザックを購入しても良いかもしれません。日帰り登山でも大き過ぎないサイズですし、山小屋で一泊する程度の荷物ならパッキングすることができます。

いずれはテント泊の登山がしてみたい、と思っている方には60リットル前後のザックがおすすめです。テント泊の登山をすると、テント、寝袋、食料、ストーブ、マットなどが荷物に加わるので、容量が60リットル前後あるものが安心です。

目安のザックのサイズとしては、日帰りの荷物の少ない登山では20リットル前後、それより荷物が増える登山では25~30リットル程度。山小屋で一泊予定の登山であれば30~40リットル。テント泊なら45リットル以上。縦走するなら60リットル以上。

もちろんこれは決まったものではありませんので、登山用品店で店員さんと相談したり、また先々の事を考えて適切なサイズを選ぶようにしましょう。

【バックレングス・サイズ】
選ぶ際にはザックの背面と背中の長さが合っているか確認することも大切です。ザックにはバックレングス(トルソー)と言う表記があり、これは背中の長さを指します。人それぞれ背中の長さが異なるため、各自にフィットするサイズのザックを選べるようメーカーが S、M、L などを表記しています。すべてのメーカーのザックにバックレングスの表記があるわけではありません。ワンサイズしか用意されていないこともあるため、自分に合っているかどうかは直接背負って確認する必要があります。

バックレングスが自分より大きければザックの位置が低くなり、ウエストベルトの位置も下がります。逆に小さいとザックの位置が高くなり、ウエストベルトの位置も高くなります。ウエストベルトは腰骨の位置に来るように設計されているので、直接背負って鏡を見て適切かどうか確認してください。

バックレングスが合っていても今ひとつしっくりこないザックも多くあります。人間の筋骨格はバラバラですから、身体に合う合わないが出てきます。そのため店頭で選ぶ際には同じサイズのザックをいくつか選び、それぞれの背負い心地を比較すると良いでしょう。背中がキチンとフィットし、ザックと背中に大きな隙間がないか、当たって痛い部分や違和感などはないか、などを確認するようにしましょう。

最近では女性の身体のサイズにあわせた女性専用のザックも販売されています。バックレングスは女性に合わせて小さめで、ウエストベルはト女性の骨盤にあわせた形状、そしてショルダーハーネスは胸のふくらみに当たらないように工夫がされています。女性用のザックはまだ多くはありませんが、女性の方は一度背負い心地を他の物と比較するのも良いでしょう。

サイズに関してはS、M、L、の3サイズをそろえたザック、SM(スモールミディアム)、ML(ミディアムラージ)の2サイズをそろえたザックなども数多くあるので、気に入ったザックでサイズがあわない場合は異なるサイズのザックを試してみるのも良いでしょう。また、中型以上のザックには背面の長さを調節できるものもあります。店員さんに背面の長さを調節してもらい試してみるのも良いでしょう。

【ウエストベルト・ポケット・その他機能】
ウエストベルトは重要です。容量が少ない小型ザックには付いていないモデルもありますが、ウエストベルトが付いていると肩だけでなく腰でも荷物を支えることができるため、疲労感がまったく違ってきます。なので、付いているザックを選ぶ様にしましょう。

ウエストベルトはナイロン製だけの物や、パッドが入って厚みがありかつ幅が広くシッカリしたものもあるなどタイプや種類も色々です。荷物が多い中型以上のものではシッカリ腰で荷物を支える必要がありますので、パッド付きの厚みのあるものでシッカリと締められるものを選びましょう。

ウエストベルトのポケットはデジカメや地図、行動食やコンパスなど、頻繁に使う物を収納するのに便利です。
雨蓋には利用頻度の高いものやファーストエイドキット、トイレットペーパーや日焼け止め、素早く取り出せるなど利便性が高いため、雨蓋付きのザックを購入することがオススメです。雨蓋と本体の間にはジャケットや登山で出たゴミを挟んだりもできるので何かと便利です。またザックのモデルによっては雨蓋を取り外してヒップバックとして利用できるものもあります。

ショルダーハーネスは適度な硬さで、肩への圧迫感や当たりがソフトなものが適しています。長さが自分の身体と合っているか、長すぎないか、短すぎないかなど確認することも大切です。ストラップをシッカリしめた時に痛い部分がでないかもチェックしましょう。

ザックの中にドリンクボトルをしまうと取り出すのが面倒なため水分の摂取を怠りがちになります。サイドポケットにボトルを入れておけば、すぐに飲むことができるので脱水症対策に繋がります。サイドポケット無しのモデルであればドリンクボトルホルダーが付加されているモデルや、ハイドレーションシステムが備わったザックがおすすめです。

山小屋泊、避難小屋泊、テント泊など寝袋を利用する登山では、ザックのフロントから内部にアクセスできるモデルが便利です。通常ザックの一番下には寝袋を入れますが、フロントからアクセスすることにより、ザックの中身を出す事無く寝袋だけを取り出すことができます。




CLICK TO VERIFY: This site uses a GlobalSign SSL Certificate to secure your personal information.

【SSL暗号化通信利用サイト】当サイトはすべてに信頼の証としてSSL暗号化通信を導入し、お客様の個人情報を最高度セキュリティで守ることに努めています。