ヨガ登山サークル 神戸京都大阪滋賀 | ヨガヤマ

捻挫をしたらスグにRICE(ライス処置) – 登山中のケガの応急処置

捻挫(ねんざ)は靭帯や腱が損傷した状態です

登山やハイキング、トレッキングやウォーキングなどでは、歩行時に、予測のつかない隠れたくぼみや段差などに足をすくわれて捻挫を生じることがあります。

捻挫とは、関節にかかる外力により非生理的運動が生じ、関節を支持している靭帯や腱、関節包などが損傷することです。足関節では図の前距腓靱帯が損傷されることが最も多いです。
内反捻挫(前距腓靭帯・後距腓靭帯・踵腓靭帯の捻挫)が足関節捻挫の約90%近くを占めるとされています。残りの大多数は、外反捻挫(三角靭帯や脛腓靭帯の捻挫)です。症状としては、患部が腫れたり、皮膚の下で内出血が起こり足が紫色になったり、立てるけど歩けない、立つこともできないなどが代表的なものです。

捻挫の程度は、靭帯の損傷程度によって三つに分類されます。
靭帯が伸びる程度の損傷を1度捻挫、靭帯の一部が切れるものを2度捻挫、靭帯が完全に切れるものを3度捻挫と定義されています。

捻挫(ねんざ)をしたら、まずRICE(ライス)処置を行い、軽度の場合はしばらく様子を見てみましょう。立てない、歩けない場合は、できるだけ早く整形外科を受診することが肝心です。

完治期間は多くの場合、軽い症状であれば1〜3週間程度、症状によっては2ヶ月程度かかったりするものもあります。初期の処置や普段の生活によって左右されますので、処置を正しく行った上で負担をかけすぎない日常生活を送りましょう。

捻挫が発生したらスグにRICE(ライス)

捻挫をしたら、すぐにRICE(ライス)処置を行います。症状に応じて、24時間~48時間以上はRICE処置をキープしましょう。
RICEとは、安静(Rest)、冷却(Icing)、圧迫(Compression)、挙上(Elevation)の4つで、英単語の頭文字をとったものです。捻挫や打撲などに対応できる応急処置です。

捻挫をした時に生じる、痛み、腫れ、熱感、発赤などの炎症反応は、組織の修復過程で必要なものですが、過剰になると修復を妨げて痛みや腫れを長引かせます。RICE処置は過剰な炎症反応を抑えるために行われます。処置が早ければ早いほどケガの回復は早くなるので、このRICE(ライス)処置はとても有効な応急処置法といえます。RICE処置を正しく理解して、いざというときに実践できるようにしておきましょう。

登山中は、いつまでも横になって安静にしているわけにもいかず、臨機応変さが重要ですが、このRICE処置を知っていれば基本的な対応ができます。捻挫やケガをすれば、まずはRICE処置を思い出して対処しましょう。

Rest:安静
ケガの悪化を防ぐため、ケガをしたら、まずは患部を動かさないように、体重がかからないように安静にすることが重要です。骨折や重度の捻挫の場合には、患部を木や板切れ、身近なテープや厚紙などで応急固定することが大切です。

Icing:冷却
痛みを軽くし、内出血や炎症を抑えるために、患部およびそのまわりを冷水や氷で冷やします。最も一般的なのは、ビニール袋のなかに氷を入れて患部にあてるという方法ですが、山中では、氷がなかなか手に入りませんからまずは冷水でしっかり冷やすとよいでしょう。
冷やし続けると、ピリピリとした痛みがでてきて、やがて無感覚になります(約15~20分)。そうなったらいったん患部から氷をはずし、再び痛みがでてきたらあてます。これを24~48時間は続けます。
最近では、ゲル状やスプレーのものなどRICE用品がいくつか市販されているので、登山時に携行しておくといざという時に役立ちます。
冷やしすぎると凍傷になる恐れがあるので注意しましょう。

Compression:圧迫
出血・腫れをふせぐためにテーピングや包帯などで圧迫します。冷却の前に行う場合もあります。患部を冷却する時に同時に行ってもよいでしょう。捻挫の腫れをひどくすると、痛みが強くなり、治るのに時間がかかったりします。弾性包帯(伸縮包帯)やテーピングなどで患部を、圧迫しながら巻きます。パッドを圧迫したい部分の形に切って、患部にあてて、その上から弾性包帯やテーピングで巻く方法も用いられています。

Elevation:挙上(きょじょう)
患部を心臓よりも高くすることで、内出血を防ぎ、痛みを軽減する処置です。
できるだけ自分の心臓よりも高い所に持ち上げます。イスや踏み台、枕、クッションなど、手頃な高さのものをさがして、患部をのせておくとよいでしょう。




CLICK TO VERIFY: This site uses a GlobalSign SSL Certificate to secure your personal information.

【SSL暗号化通信利用サイト】当サイトはすべてに信頼の証としてSSL暗号化通信を導入し、お客様の個人情報を最高度セキュリティで守ることに努めています。